worgner

雇用形態別メリット・デメリット

転職活動を始めると、さまざまな求人情報を目にすることになります。
この求人情報には、応募企業を決めるうえで大事な判断材料となる情報が掲載されています。その一つが雇用形態です。
たとえば、正社員と契約社員とでは、大きな違いがあります。
そして、それぞれにメリット・デメリットがあります。
ただし、同じ雇用形態でも大企業と中小企業では差が出ますので、下記は一般的な雇用形態別の特徴になります。

正社員

メリット

・一般的に、定年まで雇用期間の定めがない場合が多く、長期に渡って安定して働くことができる。

・昇給や賞与など、長く働くほど金銭的メリットは大きくなる場合が多い。

・社会保険や住宅手当、資格手当など、企業によっては各種手当があり、企業が定めた福利厚生が受けられる。

・住宅ローンやクレジットカードの審査通過など、社会的信用がある。

デメリット

・勤務時間、休日については会社が定めた就業規則を守る必要がある。

・業務命令には基本的に従わなければならず、残業、休日出勤にも応じなければならない。

・転勤、部署の異動など、本人の意に添わない業務命令をされることがあるが、よほどの外せない事情がない限り、拒否できない場合がほとんど。

・与えられる仕事の重要度が増すと責任が重くなり、有給休暇や長期の休暇が取り辛い場合がある。

パート・アルバイト

メリット

・勤務日数や休日に自由が利く

・無理のないスケジュールで働くことができる。

・複数の仕事を掛け持ちすることができる為、全ての収入を足すと、正社員の収入より多くなる場合もある。

・採用も退職も正社員と比較すると難しくない雇用形態のため、色々な職種や業務を体験することができ、幅広い見識が身に付く。

デメリット

・安定した長期雇用契約ではない。

・シフト制で他の労働者との兼ね合いなどもあり、希望する収入が得られるだけの時間、労働ができない場合がある。

・他の雇用形態よりも賃金が安い場合が多い。

・不安定な雇用形態であることや、保険や年金、福利厚生がないという不利な点があることから、社会的地位が低いとみなされがち。

派遣社員

メリット

・希望する職種や勤務地で働ける。

・契約業務以外の仕事はする必要がなく、異動もない為、一つの仕事を専門的にやっていくことができる。

・月々の手取りは正社員より比較的高めとなることが多い。

・賃上げ交渉ができることが多い。

デメリット

・仕事のやり方や方針に対して基本的に口を出すことができない。

・派遣の給与は「派遣会社」から支払いされているため、派遣先の企業からお給料やボーナスが支払われることは基本的にない。

・契約を切られる可能性がある。またはいつ契約を切られるか分からない。

・派遣として同じ会社、同じ部署に3年以上務めることは原則できない。

契約社員

メリット

・希望する職種や勤務地で働ける。

・契約期間を満了した後は、再度契約を結んで働くか、別の職場に移ることができる。

・社会保険や福利厚生の一部など、正社員への待遇の一部が適用される。

・専門的な業務の場合、月々の手取りは正社員より高めとなることもある。

デメリット

・業績を挙げても、契約満了後に再び契約が更新されるまでは昇給しないのが一般的。

・契約更新がなかったら事実上の解雇、失業となる。

・ボーナスや退職金がないケースが多い。

・継続して安定した収入が得られないと見られ、「社会的信用が低い」と判断されてしまう為、住宅や車のローン審査などに通りにくくなってしまう。

在宅勤務

メリット

・通勤時間がかからない為、通勤に使う時間を仕事の時間に充てることができる。

・子育てや介護と両立しやすい。

・出産・夫の転勤・介護などの事情により退職せざるを得なかった方たちが離職せず、仕事を継続できる。

・常に自分のペースで仕事をすることが可能な為、人間関係に頭を悩ます必要がない。

デメリット

・早朝でも夜中でも仕事ができてしまう環境の為、仕事を詰め込みすぎて長時間労働になってしまう場合がある。

・仕事と家事の切り替えが難しく、職場での作業と比べると仕事の能率が落ちる。

・職場の状況が伝わってこない。

・周りとコミュニケーションをとる機会がなくなる。

業務委託(請負)

メリット

・自分の専門性を活かして高収入を得られる。

・働く場所や時間の自由度が高い。

・対人関係のストレスが少ない

・指揮命令を受けず、成果をあげた分だけ報酬が増える。

デメリット

・労働基準法が適用されない。

・確定申告・保険料の支払いを自分で行わないといけない。

・定常的に仕事があるわけではない。

・成果をあげないと報酬をもらえない

スポット(日雇)

メリット

・終了後すぐに給料が支給される為、すぐにお金が手に入る。

・その日限りの単発、もしくは短期間での契約となるので自分のペースで働ける。

・自分の好きなタイミングで仕事ができる。

・人間関係の煩わしさがない。

デメリット

・継続的な仕事ではないため、収入が安定しない。

・就業期間が1日~数日と短いため、終了したらまた新たに仕事を探さなければいけない。

・継続して安定した収入が得られないと見られ、「社会的信用が低い」と判断されてしまう為、住宅や車のローン審査などに通りにくくなってしまう。

・自分自身の経験にはなるが、キャリアアップにつながることはほとんどない。