worgner

人気就職先1位は日本航空(JAL)、航空業界・総合商社が根強い人気

 2019年3月卒業予定の大学生が希望する就職先の人気ランキング1位は日本航空(JAL)であることが、人材サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で分かった。海外の大学で学ぶ日本人留学生が選んだ1位企業はP&Gだった。

 2019年3月卒業予定の大学生らを対象に、就職希望企業調査を実施したところ、国内学生のランキングで首位に立ったのは日本航空(JAL)。航空業界では全日本空輸(ANA)も3位に入り、訪日外国人の増加による需要増で就職先としても人気が集まった。

 2位に伊藤忠商事、6位に三菱商事と総合商社も根強い人気を見せている。

【国内学生が選んだ就職希望企業ランキング トップ10】
1位 日本航空(JAL)
2位 伊藤忠商事
3位 全日本空輸(ANA)
4位 三菱東京UFJ銀行(調査当時)
5位 トヨタ自動車
6位 三菱商事
7位 サントリーグループ
8位 東京海上日動火災保険
9位 資生堂
10位 東日本旅客鉄道

 大学生の文理別にみると、文系ランキングの首位は三菱東京UFJ銀行。7位に三井住友銀行、10位にみずほフィナンシャルグループと、3大メガバンクが揃ってトップ10にランクインした。

 そのほか、3位に日本航空(JAL)、4位に全日本空輸(ANA)がランクインした航空会社、2位に伊藤忠商事、6位に三菱商事、9位に三井物産が入った総合商社が高い支持を集めている。

【文系大学生が選んだ就職希望企業ランキング トップ5】
1位 三菱東京UFJ銀行(調査当時)
2位 伊藤忠商事
3位 日本航空(JAL)
4位 全日本空輸(ANA)
5位 東京海上日動火災保険

 理系ランキングの首位はトヨタ自動車。2位には東日本旅客鉄道、3位には東海旅客鉄道と、大手鉄道会社が続いた。

 そのほか、トップ10にソニー(4位)、三菱電機(6位)、日立製作所(8位)、富士通(9位)、パナソニック(10位)の5社がランクインした総合電機に人気が集まった。

【理系大学生が選んだ就職希望企業ランキング トップ5】
1位 トヨタ自動車
2位 東日本旅客鉄道
3位 東海旅客鉄道
4位 ソニー
5位 清水建設

 海外の大学で学ぶ日本人留学生たちに人気の就職先は、1位のP&Gを筆頭に外資系企業がずらりと並ぶ。上位10社中8社が外資系で、グーグルやアマゾンといったおなじみのIT企業のほか、コンサルティングファームにも多くの票が集まった。

【海外留学生が選んだ就職希望企業ランキング トップ10】
1位 P&G
2位 三菱商事
3位 グーグル
3位 Deloitte Touche Tohmatsu
5位 PwC
6位 アマゾン
7位 ボストン コンサルティング グループ
8位 アクセンチュア
9位 マッキンゼー・アンド・カンパニー
10位 全日本空輸(ANA)

掲載元:日本人材ニュース